生理中の脱毛を避ける理由

脱毛は一般的に周毛期に合わせて効果的に脱毛を行います。
そのため、予め脱毛する日がだいたい決まっているのですが、女性の場合生理中は避けたほうがいいと言います。


脱毛の際のレーザーや光は毛穴の奥までしか届かない光なので、人体に悪影響はないのですが、女性の場合は少々話が違ってきます。

それは女性には概ね毎月生理があり、ホルモンバランスが崩れることによります。

最新の永久脱毛 渋谷の最新情報が揃っています。

つまり、女性は生理前になると肌を弱くする黄体ホルモンが分泌されることで、皮脂が多く分泌しニキビができたり、またシミができやすくなったりするのです。

このホルモンはプロゲステロンとも言われ、生理前のイライラや体のむくみなどを引き起こすことでも有名です。つまり、女性は生理中にホルモンバランスが崩れることで、肌が敏感になり、痛みを感じやすくなったり乾燥しやすくなったするため、レーザーの照射で、普段ならたいしたことない痛みがひどく感じたり、肌が荒れてしまったりするかもしれないのです。



全ての女性がそうではないですが、日程的に可能なら避けたほうがいいのかもしれません。最近では、V、Iラインなどのデリケートゾーン以外なら生理中も施術可能なサロンもありますが、その場合はアフターケアーや保湿をいつもよりもしっかりするなどの対策をとるのがベターです。



それでも、肌が荒れたりなど何かしらの異常が見られた場合は、速やかにクリニックなど医療機関を受診することをお勧めします。